FC2ブログ

mao

草木の手仕事と日常

2歳 




娘、本日2歳になりました。


DSCN1820-1.jpg


イヤイヤ期真っ盛り、「嫌」と「自分で」を一日何度言うのやら。

でも、泣いたり笑ったり怒ったりふてくされたり企んだり、本当に目まぐるしくて面白いです。

2年前、生まれたときはこんな日がくるとは想像できませんでした。

24時間一緒にいると、自分も子供にならねばならないので正直疲れるけど、こんなに楽しい時間はないなぁとも思います。

些細なことでも、お金や時間をかけなくても楽しみはつくれる、と教えられます。

子、2歳、母、2歳、 また1年どうぞよろしく。




今日は久々にからっと晴れたいいお天気だったので、家とその付近で過ごしました。

なんてことのない普通の日です。

夫百合をスケッチ、娘水遊びで全身びちょびちょ、私草むしり


DSCN1831.jpg


大家さんのおじいちゃん(もうすぐ100歳)、通りかかる時出会うといつも娘に声を掛けてくれます。

今日は「おっ裸足、一番いいんだよー」と言われていました。



夕方の空


水のよう


DSCN1836.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト



傘立て 





100円ショップの500円商品だった、ブリキの長いバケツ

ぴかぴかだったのがどうも気になって、アクリル絵具で塗りました。


傘立て


DSCN1776.jpg


最近娘も絵具遊びが出来るようになって楽しそうです。

でもまだまだ危険がいっぱいなので(壁に絵具を付けたり口に入れたりしないように)付きっきりですが、絵具を混ぜたり水で伸ばして塗ったり、いろいろ試しているようす。




我が家の玄関です。



DSCN1779.jpg



ドアを開けてすぐ小さい土間、そして左右に引き戸があります。

右手は夫アトリエ兼教室へ、左手はリビングに出ます。

この作りが面白いし、都合もいいのでとても気に入っています。

慣れてくると土間をまたいで向かいの部屋へ、えいやっと渡ったりもできます。





今日はものすごい夕立がありました。

まさにバケツをひっくり返したような雨。

かのは目をまん丸にして見ていました。

雨上がり外に出てみたら、プール上がりの匂いがしました。



魚を焼いていると猫のマキちゃんがやってきた図



DSCN1660.jpg








にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




六月の文化祭 国立にて 




先日、久々の国立へお散歩に行ってきました。

いちばんの目的地はこちら



DSCN1775.jpg



「六月の文化祭」

 JR中央線国立 フジカワアトリエにて




この写真を見て、行ってみようと思い立ちました。

ちらしをにぎりしめて歩いていたので、よれよれになってしまった。


写真、うつわ、金属、木製品、布、焼き菓子、音楽、とさまざまですが、小さなスペースにぎゅっとつまって、

想像したとおり、すてきな展示でした。

一番興味をそそられたのは、その建物

我が家と同じような古い民家をとても居心地よさそうに使っていて、落ち着くのです。

あるものすべが実用であり、単体でも風景としても用の美を兼ね備えている感じ。

普段はフジカワさんのアトリエで、週末絵葉書を販売しているそうです。



入り口です

DSCN1761.jpg



青木隼人さんのCDとtaiyodoさんの焼き菓子、フジカワさんの絵葉書をかいました。

青木さんの音楽は子供が寝てからのわたしの一人時間のお供にぴったりです。




私が国立に住んでいたころは、立ち寄るお店はほぼ南側だけでした。

ところが最近北口側が熱いようです。

フジカワアトリエのほかにも面白いお店が点々とあり、古い商店があったり、線路跡を見たりしました。



DSCN1763.jpg


なかなかノスタルジック


それから南側へ


銀杏書房に寄って、一橋大学で遊んで帰りました。


DSCN1765.jpg


一橋大学の建物、やはりため息が出るほどいいです。

こんなかわいいお家もあります。


DSCN1766.jpg



かつて私が大学を卒業する時、謝恩会で国立のリバプールというライブハウスを貸しきったことがありました。

古い雰囲気のある場所だったのですが、もう無くなってしまいました。

同じく邪宗門という喫茶店もマスターが亡くなってしまい、閉店してしまいました。

寂しいですが、代わりにどんどん新しいおもしろい場所が増えてくるのかなとも思います。

またのんびり訪れてたいところです。






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


草のジュエリー 





今日は夫の主催のデッサン教室が自宅アトリエで開催の日でした。

人物デッサンのモデルさんに、私の美大時代の友人が来てくれたので、教室終了後久しぶりにお話できました。

そして私は注文もらっていたかばんを渡し、ジュエリー作家の彼女からはお願いしていたピアスを受け取りました。

こちら


DSCN1768.jpg


花のついた草のモチーフ

素材は18金とブラウンダイヤモンドだそうです。

耳につけると葉の部分が少し耳たぶからあふれる感じで、向こうが透けて見えるような。

ブラウンダイヤモンドは少し色の付いたダイヤモンドで、それが付けると金と肌となじんでとても自然な感じです。

ここしばらくアクセサリーと無縁の生活をしていましたが、小さい子供がいても小ぶりのピアスなら楽しめます。

なにより、日々の慌しさの中で少しでも背筋をのばして歩こうと思える気がして、うれしいなーと思いました。

大切にでもたくさん身につけていこう



彼女のブランドです

smoet










梅雨の晴れ間のお天気はほんとうにうれしいです。

洗濯物が外に干せる幸せ

春に庭に植えたユリネ(野菜としての)が咲きました。



DSCN1758.jpg







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


日本野鳥の会の長靴を買う 





毎日庭で使う長靴が破れてしまったまま、しばらく使い続けていました。

雨の日の外出も、多少足の裏をきれいにこすってからその土っぽい長靴のまま出かけています。

さすがにこのままではいかんと思い新しい長靴を探していましたが

なかなかいいのがないのです。

お金はかけられないのでコストパフォーマンスとデザイン、耐久性が大事です。

そしてついに見つけた一足



DSCN1748.jpg


こんなにやわらかい長靴なのです。


履くとこう


DSCN1749.jpg


発売元は、なんと紅白でおなじみの日本野鳥の会!

バードウォッチング用らしいのですが、軽いし、コンパクトにもなるし、紐で調節すれば長くも短くもできます。

デザインも普段の洋服にもあわせられる感じと思います。

しかもお値段もリーズナブルなのです。

庭に出るのが楽しみになりそうです。







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


食事を作ることについて 





先日、琺瑯のデザイナー時代の会社の先輩、同僚が我が家に遊びに来てくれました。

かれこれ5年前でした。

今でも彼らとお付き合いがあるのは、ものづくりを続ける私にとっては新鮮な刺激をもらえる貴重な時間です。

当時は大変なこともあったけど、デザイナー時代に学んだバランス感覚やコミュニケーションのこと、やっぱり携われてよかったなぁと思います。

今のかばん制作にも大いに役立っています。


先輩に頂いた手作りの苔玉

ねじばな


DSCN1722.jpg







それから、梅シロップを漬けました。

ほんとは青梅のほうがいいのかもしれませんが、南高梅がおいしそうだったのでこちらで




DSCN1729.jpg


よいしょ


DSCN1734.jpg


できた!



DSCN1744.jpg



実は最近、食事を作ることが苦痛に思うということがしばしばあります。

わたしは飲食店で働いていた事もあり、もともと食べることが大好きなのです。が

一番の理由は子供の食事。

原発事故から、家ではなるべく西の食材を使うようにしています。

でもなかなか手に入らなかったり、メニューがマンネリ化したり、出費もかさんだり・・

その上ここにきて娘のイヤイヤに拍車がかかってきて、もともと小食なのがさらに食べない&偏食になり

決まったものしか食べない。

夫も遅いので、食事の支度も娘の機嫌のいい制限時間内に終わらせなければならず、やっつけ仕事になりがちです。

もういいや!と思って外食やお菓子、お惣菜、冷凍食品に頼ってしまったりしても、やっぱりのちのち後悔したりしてしまい、さらにイライラ・・

どうにかしなければと思いながらも、いまだいい解決策が見当たりません。

同じような環境で上手にやっているお母さんを見て情けなくなったり。


自分まだまだだなぁと思いますが、悩んでいてもお腹は空くので、ともかく食事を作り続けます。




めずらしく他のメンバーにも好評だった、豆ご飯


DSCN1694.jpg







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


雨の庭 






すっかりじめじめムシムシの季節に突入してしまいましたが

ワタクシしばらく風邪で体調を崩していました。

やっと取り戻してきたと思ったら、今度は娘にうつしてしまったようです。

お天気もこんなんですので、大人しく過ごすしかなさそうな



そんななか元気なのは裏庭のあじさい 満開を迎えています。

水揚げが悪いので、トンカチで先を叩いてから生けるそうです。

あじさいの花(正確には額の部分)1つ1つ色がグラデーションのように変わっていって本当にきれいです。



DSCN1717.jpg



われわれにとっては嫌な季節だけど、雨にあたる草はなかなか色っぽいです。

植物はうれしそう



DSCN1706.jpg


水彩画のような緑


DSCN1707.jpg


カモミールの細い葉の1つ1つに水玉


DSCN1714.jpg


雨上がりの夕方


DSCN1686.jpg



今年は藍染めに挑戦したいなぁと思って、藍の種を蒔いたのですが、どうも発芽しない・・

蒔き方が悪かったようです。

種を蒔いた後、水分が多くて腐らせてしまったのかもしれません。

種まき、むずかしいです。

他の種もダメにしてしまったものがいろいろ

かとおもうとずいぶん前に直まきして忘れていた草が花を咲かせていたりします。

生き物相手だし 思うようにいかないところも面白いのかもしれません。







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


ばらのドライ、そして庭の種をあつめる 





梅雨入りはうそのように暑い日が続きます。

咲き終わったばらをドライフラワーにできないかとぶらさげてみました。


DSCN1663.jpg


軒下にも同じようにぶら下げて、どちらが上手くできるか試み中です。

今のところ、室内のほうが縮みが少なくてきれいなような

ばらは枯れてもいい香りがしばらく続きました。





あとは春に植えた植物に種がたくさん出来てきているので集めてみました。


DSCN1683.jpg


まだまだいろいろな種類があります。

クリスマスローズなど種がはじけてはじめて外へ出てくるものもあります。

そういうのはあらかじめ袋をかけておくのですが、袋が風で飛んだりなかなかうまくいきません。

一つの苗から数え切れないくらいたくさんの種

うまく蒔いて育てられたらたのしいなぁ。




何年か前、アンティーク屋さんでみつけたもの。

採集した植物をスケッチブックにあつめて貼って何か書き溜めてあるノートでした。

ヨーロッパのものです。

植物は完全にドライ、種もあったりして、何をメモしたのか読めないけどなにかすごくそのノートがきれいだなぁと思いました。

白い紙に植物の作るシルエット、文字

ドライフラワーや集めた種を見てたら思い出しました。





庭仕事の後は足シャワー

我が家の古いお風呂、冬は凍えそうに寒いけど、暑い日はすずしい~


DSCN1661.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


子連れ奥多摩キャンプ 





かのが2ヶ月のときからのお友達家族とキャンプに行ってきました。

子供を連れて行くのは初めてです。

行き先は、奥多摩の氷川キャンプ場です。


こんなつり橋がある渓流沿いです。


DSCN1629.jpg



なんと駅から徒歩10分くらい

車を持っていないので、電車と徒歩で行けるのはありがたかったです。


川に入ったり


DSCN1620-1.jpg


山に登ったり


DSCN1642.jpg



もちろんバーベキューやバンガローに泊まるのもはじめてでしたが、常に大興奮で走り回る娘

追いかける体力も尽き果てそう

ちょうど同じくらいのお友達と一緒だったのも良かったみたいです。

大人もわくわくどきどきな2日間でした。

外で食べるご飯はおいしかったなぁ。

歩いていける温泉もさいこう。

あと朝の渓流は澄み切った空気でとても気持ちよかったです。

泊まったバンガローもかわいくて小人のおうちみたい。

夜子供たちが寝てからは大人のおしゃべりタイムもありました。

出産後こういうのに縁遠くなっていたのでとても楽しかったです。



DSCN1639.jpg




キャンプ、またやりたいです。

もっと腕を上げて。

いつかテント泊も!







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村