FC2ブログ

mao

草木の手仕事と日常

土鍋と箒とたらいを・・ 




すっかりひんやりした秋の空気になりました。

なぜかばたばたしていたり、娘の夜泣きが復活したり、夜子供を寝かしつけてそのまま寝てしまう毎日で、なかなか更新できませんでした。



DSCN2465.jpg


少し前ですが、庭のようす

アプローチの手前がにぎやかです。

勝手に生えてきた菊に、いっぱいのつぼみもできていて、昨日見たらピンクがかっていました。

何色の花が咲くのか楽しみです。



DSCN2464.jpg


東小金井のタカハシプランツで買った青い花

秋の空のような青です。








最近私にとって大きい変化がありました。

我が家の三種の神機と距離を置こうと決めたことです。


炊飯器 

掃除機

洗濯機


ほぼ毎日使っていましたが、今のところすべてにおいて月1くらいのペースになっています。

ではどうしているかというと




DSCN2501.jpg



土鍋でご飯を炊き

ほうきと雑巾で掃除し

私が染色で使っている巨大鍋で洗濯しています。





ご飯は何倍もおいしくなりました。

おこげは最高!

玄米もやわらかく炊けます。

ほうきでの掃除はまだ慣れなくて下手ですが、コツをつかめば問題無さそうです。

濡らした新聞紙を散らかして端から集めていきます。

狭いところ(隙間や桟など)は小さいほうきが要ります。

うるさい音が無いし、収納スペースもそんなに要らないのでささっと気づいた時に掃除できるのがいいです。

洗濯は、最初すべて手洗いは大変かなと思いましたが、大きいたらいさえあれば、意外と早く終わります。

たらいに固形せっけんを溶かして洗濯物を入れてもみ洗いします。

お風呂の残り湯を使うのでほんのり暖かく、心配していた手荒れもありません。

洗濯物に合わせて洗い度合いを変えられるので、便利です。

脱水のみ洗濯機にお願いしています。




なぜこれらを始めようと思ったかというと、一番は電気代節約のためです!とはっきり言います。

夏の値上げからかなり痛手でした。

見直し後、プチ節約成功です。

環境のため、と言うのもありますし、エネルギーの問題について思うことも多いので、きっかけはいろいろです。

そしてやってみての副産物、体の調子がいいなぁと思います。

どうしてかよく分りませんが、気持ちがいいと調子がいい、はかなり近いところにあるようです。

思えば昔は家電なんて無かったのですね。

家電の歴史のほうが新しいのです。

つまり今ある手家事の道具は、まさに追求された形ではないか。


ほんのちょっと手間や時間がかかりますが、今の生活には無理なく続いています。




DSCN2511.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト



2歳のトイレ事情 




この夏からトイレトレーニングをはじめた娘、夜のオムツ以外は卒業というところまできました。

最初よく使っていたおまる

はじめ怖がって座ってもらえなかったので、顔を付けたら「おまるちゃん!」と大喜び



DSCN2483.jpg



国分寺のカフェスローと併設のお店で買いました。

琺瑯でかわいいし洗いやすいのでよい買物でした。

娘が使わなくなったら他の用途にも使えそうです




1歳くらいからトイレに興味津々のようすで、私のトイレについて来てはじーっと見ていました。

なので夏に始めてからもすんなり自分から「ちっち」と言って用を足せるようになり、えらいよーと思っていた矢先

1つ問題が勃発

出かけ先でのトイレは、いまやセンサー付が当たり前になっています。

公園でさえもセンサー付が増えています。

座ると自動的に流水音、終わると自動で流れる仕組み

もちろん我が家のトイレにはウォシュレットすらありません。

慣れないせいか、なんとこれを怖がって便座に座るのを頑なに拒否!

センサーの黒いパネルを見るや否やユーターンです。

説得しても怒ってもおやつやおもちゃで釣ろうとしてもダメで、途方にくれています。

布で隠してみても、ずっと流れているしー

シール貼って隠しても「この下にある!」と言わんばかりに逃げます。

出かけるとセンサーの無いトイレを探してさまよい、結局目的を果たせず疲れ果てて帰るなんてこともざらです。

あーどうしたらいいんでしょう!?

名案はないものか


こんな事態になって気づいたのですが、そもそもセンサーって必要あるのだろうか。

自分で流せばいいし、流水音だってかつてのボタンで押すタイプの音姫があればいいのではないか。

間違ったタイミングでセンサーが反応して、びっくりなんてこともあるし。

便利とは反面おせっかいでも、無駄でもあるなぁと思います。




それから、娘用のトイレのステップ台を作りました。



DSCN2479.jpg



フィンランドの白樺の飾りみたいな模様を彫ってみました。



DSCN2482.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


水彩ゆらゆら 




昨日くらいから、急に金木犀の香りがいっぱいの小金井です。

庭のことを描こうと思っていたのですが、いまいち写真が上手く撮れなかったのでまた後日にします。

少し前ですが娘と水彩で遊びました。




DSCN2359.jpg



結構楽しめました。

紙全体に水をたっぷりめに含ませておいて、子供に色を置いてもらうと、ゆらゆら絵具がゆれてきれいです。

ポイントは 赤、青、黄 の原色のみでやることです。

混ざっても濁らず中間の色に変わります。

最近の娘の絵なんとなく絵っぽくなってきたような。

「これなーんだ?」と聞かれます。

わからなくて「アンパンマン?」と答えると「ちがう」と言われます。

そして正解を教えてくれないという、、

でも飽きるのも早いです。

つまらなくなると、口癖は 「なんかない?」 (お菓子のこと)

ご飯を食べるようにはなってきましたが、おやつが大好きで困りものです。

そして完成した絵



DSCN2442.jpg



勢い余って真ん中に亀裂が。

私の絵



DSCN2439.jpg


DSCN2441.jpg




同じ平屋集落の方に頂いた菊がずっときれいに咲いています。

お向いの畑で育てているそうです。



DSCN2462.jpg



うちからはたくさん採れたひまわりの種をお返ししました。

そしたら今度は柿とアイスクリームがやってきた!






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


そう浪泉園 





先日近所にあるそう浪泉園へ行きました。



DSCN2390.jpg



歩いて5分ですが、初めて入りました。

ちょうど入園無料デーだったので。

ここはかつてどなたかの別荘だったようですが、今は池を囲んでお散歩ができる庭園になっています。

とても東京と思えない雑木林です。

ちょうどはけに沿って作られていて、本当に山道に入っていくようです。



DSCN2391.jpg



しかし、蚊にいっぱい刺されました。

もう少し寒い時期に来るのがいいかもしれません。





家でも、秋の庭仕事が楽しいです。

いろいろと植物が育っています。

それはまた後日書こうと思います。


DSCN2374.jpg


レモングラスのわっかに蔓を巻きつけたリース






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村