FC2ブログ

mao

草木の手仕事と日常

どんぐり染め 




小金井でいくらでも拾えるどんぐり

これを使わない手はありません。

どんぐり染めをしてみました。


煮て



DSCN2657.jpg


漬けて



DSCN2660.jpg



こんな色になりました。



DSCN2661.jpg



やわらかい色です。

これはご注文頂いているポーチの内布になります。

これで麻布を染めて自分の服を作りたいなぁと思いました。




久しぶりにポーチを作るので、練習で自分用に作ってみました。


DSCN2643-1.jpg


これは大きめです。

お出かけ時のオムツやパンツ入れにします。


DSCN2641-1.jpg







空気が冷えてきたためか、最近の夕方の風景がキンと鮮やかになりました。



DSCN2649.jpg



北欧の湖のような実は野川公園



DSCN2654-1.jpg




森のリース作りワークショップ、まだまだ空きがあります。

お申し込みお待ちしていますー





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト



森のリース作り ワークショップのお知らせ 




ワークショップのチラシが出来ました!


森のリース作りちらし


今回から造形教室として はけの森アトリエ をはじめます。

「はけ」とは小金井から国分寺あたりを主にする崖線のことです。






試作制作風景



DSCN2667.jpg





一番左のリースは、実は去年のクリスマスに飾っていたものです。



ri-su2.jpg



色があせていくのも、きれいで魅力的です。





12月10日までにお申し込み下さいと前回の記事に書きましたが、定員10名までのお申し込み順にすることにしました。


お近くの方も、遠い方も、お一人の方も、お友達同士、親子でも、年齢も関係なく楽しめると思います。


お申し込み お待ちしています。

momonga-monsaraz@live.jp 真鍋   こちらまでどうぞ





あー、お客さん来てくれるかなぁ。

どきどきです。







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


森のリース作り、やりませんか 




冬の間楽しめる、ドライフラワーのリースを作るワークショップをやってみようと思います。

小金井やその付近で採取した木の実や草など自然の素材を主に使って、森の中のようなリースを作ります。

クリスマスの華やかな雰囲気でも、シックにいつまでも飾れるものでも、アレンジ次第です。

野川のほとりの小さな公民館で、ゆっくり手仕事しませんか。





DSCN2634-1.jpg
※以前に作った参考です。当日の花材は少し変わります。



日時  12月14日(土)  10:00~11:30

場所  東京都小金井市 西の台会館 
    ※JR中央線武蔵小金井駅南口 徒歩約15分

参加費 2000円程度(材料費、お茶込)
    


お申し込みは12月10日までに、

momonga-monsaraz@live.jp

までご連絡下さい。





小さいお子様連れも歓迎ですが、託児はありませんのでご自身で見ていただくようになるかと思います。

少し大きいお子様とご一緒に作られても楽しいと思います。




ずっとやりたかったワークショップですが、初めての試みなので、一生懸命やってみますが何が起こるかわかりません。

楽しみとどきどき  です

うまくいったら、これから大人の造形教室として、また違った季節の企画をやってみたいと思っています。

どうぞお気軽にご参加下さい。




今回のワークショップ、さらに詳しく決まりましたら、また改めてこちらでお知らせさせていただきます。

取り急ぎ日程まででした。






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


ひこうき雲 




昨日の晩、NHKのSONGSという番組で松松任谷由実さんの特集をしていました。

私の今はユーミンなければ無かったといってもいいほど、青春時代影響を受けた人です。

特に荒井由実時代の曲は、今でも1編の映画を見るような気持ちになります。

進路を迷っていた頃、たまたま読んだユーミンのエッセイに、16歳で「ひこうき雲」を書き、美大を目指していたと書いてありました。

その頃の自分と同じ16歳でその曲を書いたことにも驚きでしたが、美大に行けばユーミンのようなものづくりができるのかな、と憧れが始まりでした。

もちろん具体的な夢があるわけではないのに、賛成してくれた両親にも感謝しています。

今は美術の道に進んで勉強できて、たくさんのわくわくする世界を知ることが出来て、本当に良かったです。

どんな分野でも、自分の美しいと思う感覚を研ぎ澄ませていくことは、難しくもあり、やりがいのある仕事であると思います。

私もユーミンの曲に負けないようなものづくりをいつかしてみたい。






DSCN2384-1.jpg







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


花ふきん 





夏ごろから始めた刺し子の花ふきん、やっとできあがりました。

写真は、あとちょっとで終わりというところ



DSCN2615.jpg



花ふきんとは、昔娘が生まれると何枚も縫いためて、娘が嫁ぐときに手渡したものだそうです。

いろんな模様があってそれぞれに意味がこめられており、娘が幸せになりますようにと願いがこめられているという。

私が刺したのは柿の花というもようです。

結婚した友人にプレゼントしようと思っていたら、ずいぶん時間がかかってしまいました。

でも先日無事手渡せて、喜んでもらえました。

刺している間は、まだまだ終わらないーと思っていたけれど、刺し終わるともう一枚刺したくなる・・





秋晴れの気持ちいい日が続きます。

夫が持ってきてくれた野ぶどうのつる。

自然の色はほんとにすてきだなあ。




DSCN2628.jpg





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


うさぎかばん 






オーダー頂いたかばんが完成しました。

いつものトートLサイズをさらに横までマチをつけて大きなかばんです。

表が浅葱色、裏が茜色


usagi7-1.jpg




うさぎのモチーフをご希望頂き、正面にパッチワークしました。

刺し子で七宝の模様を刺しました。

グラデーションの糸とシルバーの糸を使っています。




usagi9-1.jpg




usagi2-1.jpg




脇のスナップボタンで幅を小さく出来ます。




usagi4-1.jpg




内側は大きいポケット1つ、小さいポケット2つ




usagi6-1.jpg




リバーシブル仕様にはしていませんが、持ち手がバックスキンになっても気にならなければこちら側でも使えそうです。




usagi5-1.jpg




取り外し可能な底板付




usagi8-1.jpg




寒い季節は濃い色みのお洋服に似合いそうです。







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


ローズマリー化粧水と家具用ワックスを作る 


「なるべく買わずに作る」をライフワークとしていますが、新たにつくってみたものです。



DSCN2500.jpg



ローズマリーの化粧水

材料
・ローズマリー3枝(5cmくらいの)
・精製水 200ml
・グリセリン 2~3滴
・クエン酸 ひとつまみ
・尿素 5g
・ラベンダーの精油(好みのものでいいと思います) 1滴

○鍋に精製水を沸かし、尿素を入れます。
○ローズマリーの枝を入れて火を止め、冷めたら茶漉しで濾します。
○グリセリン、クエン酸、好きな精油を入れて出来上がりです。

冷蔵庫で保管して、お早めにお使い下さい。


たっぷり使えて安い!
使い心地もいいです。

ローズマリーの香りが結構強いのですが、不思議とラベンダーと合う気がしてやってみました。


もうひとつはベニシアさんの本からですが、ラベンダーと蜜蝋で作った家具用ワックスです。

こちらはぜひ本を読んで作って欲しいです。

部屋中ラベンダーの香りになります。



家具はワックスを塗るものだと、古い家に住んで知りました。
木は水にも弱いですが、乾燥にもやはり弱いのです。

引越し早々、我が家の玄関先の床に亀裂が入ってしまいました。

ちょうど日のあたる場所で乾燥して割れやすくなっていたようです。

オイルを塗ったらしなりがなくなりました。

それからちゃんとワックスをかけようと思いはじめたのです。




DSCN2563.jpg





ベニシアさんの本は、他にも食器用洗剤や歯磨きペースト、いろんなものの作り方が載っていて面白いです。

先日はテレビの放送で柿渋の作り方をやっていて、試してみたいなぁと思いました。






庭のゴーやがそろそろおしまいです。

枯れた蔓を巻き取ってリースがたくさん出来ました。

デコレーションしてクリスマスの飾りになりそうです。



DSCN2558.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村