FC2ブログ

mao

草木の手仕事と日常

柿渋染め リュック 4 




柿渋染のリュック4号が出来ました。


329-1.jpg
329-3.jpg
329-4.jpg
329-5.jpg
329-2.jpg


今回は革部分を関西ヌメという革でお作りしました。
単純につるりとしておらず、ほんの少し風合いがあるようなところを買い付けてきて使いました。
革は革になる前は皮、つまり生きていたのだな。
それを忘れぬよう、無駄のないように、ありがたく使わせていただきます。
内布は麻100%で優しい亜麻色です。

ご希望により、背面にファスナーを付けました。
なのですが、大失敗!
左右逆に付けてしまって、一番最後に気が付くという、なんてマヌケ。
お客様にご相談して、このままにするか作り直すか・・
このままでもいいとおっしゃっていただきましたが、大変申し訳なかったです。

ですが、柿渋の色、革の表情、内布の麻、いい感じです。
たくさんお使いいただけたら嬉しいです。
ご依頼、ありがとうございました。

2カ月ちょっと、すこしずつ鞄が出来上がっていく工程は、はじめは楽しくてわくわく、でもまだまだ完成には程遠い・・
進んで形が見え始めておお!今回はこんな風になったのね、と。
素材だけで見ているうちにはわからない、全体のイメージが現れます。
終わりに近づくと、やったーという思いと、ああ終わっちゃう淋しい、という両方の思いがあります。

子供を見ながら、ゆっくりのんびりペースですが、それでも1つ1つ、今まで作ってきた鞄を思い出しています。

4月から長女は保育園の年長さん。
次女は週に2回一時保育に通うことになり、ペースアップなるか・・?!











スポンサーサイト



柿渋染め 





穏やかに晴れた日は柿渋染めです。

最初だけ浸してうっすら染めて

希釈した柿渋を刷毛で塗って、日に当てて、また塗って日に当てて、何度も繰り返すと、ごわっとワイルドな茶色になります。

柿からこんな色がいただけるとは なんとも不思議です。

この柿渋染め帆布を、只今リュックにしています。

これで4作目ですが、毎回微妙に色や質感が変わるので面白い。


DSCN6986.jpg



濃いこげ茶は、鉄媒染したものです。

酢酸鉄水溶液で媒染するとこんな色になります。

こちらも渋くていい感じ。



一緒に自分の柿渋リュックも染め直しました。

染め直し前

約2年使用 表面がざらざらと色あせています。

こんな表情も好きですが、実験も兼ねて染め直し

DSCN6975.jpg


刷毛で内布に染みないよう、バサバサと柿渋を塗ります。

日に当てます。

DSCN6987.jpg


染め直しあと

DSCN7058.jpg


単純ではない風合いも残ってなかなかいいです。





私のお作りした柿渋の鞄で染め直しをご希望の方、ご相談ください。

柿渋染め染め直し   ¥3500+送料