FC2ブログ

mao

草木の手仕事と日常

保育園 






次女、1歳4か月、初めて保育園に行きました。

かわいい椅子や張り紙いっぱいの、楽しそうなお部屋に入ってニコニコ。

支度と手続きが終わり、ベテラン保育士さんに「さ、あっちであそぼっか!」ひょいっと抱えられ、あれよあれよと奥へ連れていかれる。

振り返る顔がわっと泣き顔になり、絶叫になり・・

「お願いしまーす」と何でもないように部屋を後にしましたが、内心自分の心もざーざー嵐のように動揺

その日はもくもくと夫アトリエの掃除、絵具の膠抜きをしてなるべく考えないようにして、なんとかお昼までやり過ごす。

ハラハラしてお迎えに行くと、テーブルに向って給食を食べている次女の背中!

振り返ると「わーーん!」としばらく泣くも、落ち着いたら残りの給食もしっかり食べて、保育士さんにバイバイもして、岐路に着きました。



生まれてこれまで、離れて過ごすのは、私の歯医者2時間、一度ノイローゼになって突発的に夫に預けて家出した2時間半(家出とは呼べない)

その2回で。

仕事がしたくて預けると決めて、でも保育園に入れなくて落ち込んで、一時保育で週に2回預けられることになり、いざその日が来るという前の晩、どきどきして眠れなくなったりして。

長女の時はまた別の悩みがあったけれど、こうやってちょっとづつ離れていくのだね。

そもそも働くこと、育児、家事、その辺があいまいな我が家の形態、これでいいのか、何がしたいのか、いつも考えて自信がなくて相談したり比べることも難しい。

その時の思いを信じるしかないな。

来週もちゃんとやれるのか、自分。

長女の進級が、今のところいい波にのれているのがありがたいです。







DSCN7113-1.jpg





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momoworks.blog.fc2.com/tb.php/180-87f3c243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)