FC2ブログ

mao

草木の手仕事と日常

ケンテ 






アフリカの古い布を、外国のお土産でいただきました。

ケンテというガーナの布

鮮やかな原色の糸を織った四角いピースをいくつもつないであります。

本来3メートルの長さがあって、一枚の布を体に巻き付けて着る装束だそうだ。

男性の職人さんが織るというから不思議。

今は織り手が少なくて、とても高価なものらしい。


さあ、どうやってかばんにしよう。

こんなにはっきりした柄物、なかなか個性が強い。


DSCN8055.jpg


でも毎日隅々まで眺めていたら、すっかりこの布が好きになり。

丁寧に織られた、鮮やかな色と色の魅力的なつながり

真新しい生地を一緒に合わせてみたけど、まったく合わず。

もっとざっくりとした、手で織られたあたたかい雰囲気の生地を探して、たどり着いたのがいつも染料を買うお店で見つけたインドのカディコットン。

試行錯誤しながら、ようやくかばんが形になってきました。

新しいことを試してみるときのわくわくした気分



DSCN8060.jpg




スポンサーサイト



コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/TTWhBu
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

あゆ #- | URL | 2017/10/04 21:51 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momoworks.blog.fc2.com/tb.php/203-8bd3e496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)