FC2ブログ

mao

草木の手仕事と日常

古布のパッチワークでカーテンを作る 




親戚から以前譲ってもらった着物地

それに服を作った残りの麻布を組み合わせて、絵を描くように自由に縫い合わせ

カーテンができました。



DSCN2414.jpg



全て麻布なので違和感無く、光を通すとステンドグラスのようです。

深く考えず、その場で思うままに作っていくのもありだなと思いました。

かばん製作ではいつも出来上がりを計算して行程を踏んでいくのですが、こんなやりかたもできるかも。




先日立川の多摩骨董市に行きました。

一緒に写っているのはそこで購入した子供椅子です。

ベビーカーにぶら下げて帰ってきました。

こんなのです。



DSCN2416.jpg


小さくてかわいいです、が座ると娘まだ足がつきません。

あと1年したらぴったりになるかなぁ。

よく拭いてワックスをかけたらしっとりいい感じになりました。

多摩骨董市は月1回やっているそうで、初めてでしたがお店の方も優しい方が多くておしゃべりも楽しく、規模といい、立地といいのんびり子連れで見るのにちょうどよいです。

割とお手頃なものもあったので、また行きたい。




秋の夜長 

夫のアトリエからかちゃかちゃ音がしています。

絵皿のあたる音


DSCN2434.jpg



絵の締め切りが近いので集中しています。

何かに集中するのにぴったりの季節です。



DSCN2438.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

はじめまして

韓国のポジャギのようですごく、素敵だと思いました。

ふっか

ふっか #- | URL | 2013/10/18 23:47 * edit *

ふっか様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
嬉しいです。

ポシャギも透ける布が美しいですよね。
パッチワークは単体の布があわさって新しいまったく違う布が出来上がるのがどきどきします。

momo #- | URL | 2013/10/25 03:15 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momoworks.blog.fc2.com/tb.php/46-fffebadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)